いらっしゃいませ。

毎度ありがとうございます。

啓文社製作所のホームページへようこそ!!


【 新着情報 】

お詫び:KDシリーズ(トラクター用野菜播種機)について

2017年8月1日付け「新着情報」において「KDシリーズ」は新型機投入の為、販売終了とご報告させていただいております。

お客様に喜んで頂けるよう、現在実証試験を急いでおりますが、市場に投入させていただくまでには今しばらく時間を要します。

このような状況の中お客様より従来型の「KDシリーズ」のご要望を多数いただいており、大変ご迷惑をお掛けしております。

つきましては「新型機」投入までの間、従来型の「KDシリーズ」の生産を再開いたします。

生産を急いでおりますが、発注いただきましたお客様にお答えできる時期につきましては後日お知らせさせていただきますので

ご了承くださいます様よろしくお願いいたします。

水稲用自動播種機「新ニューサンパSF262.SF402シリーズ」を2017年10月より販売開始いたします。

「ムダの無い均一播種」のため揺動式播種+まきまセンサーを使用しているSFシリーズです。今回、厚まき時に苗箱の縁に乗る籾量を

より少なくするため播種部の停止精度を上げる改良をいたしました。また、コンセント増設、大型車輪化により使いやすい商品になりました。詳しくはカタログ等で御確認下さい。

続きを読む

花野菜出芽器WR60シリーズ「冷房ユニット」に使用されているフロンガスについてお知らせいたします。

弊社商品に使用している「冷房ユニット」は、製造メーカーより現状、規制対象から除外されている旨通知を受けており、これまで通り使用いただいて問題ありません。

 

また、メーカーの今後の対応については現状はフロン排出抑制法の対象より除外されている商品であるものの今後対象に盛り込まれる可能性があること、法令順守すべく、新型への開発・モデルチェンジなど様々な要素を踏まえ代替フロンへの切替検討進めていくとの見解です。弊社としても、メーカーの対応に準じ製品に対処していく所存です。

尚、冷媒の回収につきましては引き続き第一種フロン回収業者に依頼されるか、購入先に相談をお願いいたします。

 

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

 

※ フロン排出抑制法

平成27年4月施行ーフロン冷媒(HCFC-22等)製造禁止

            ー定期点検による漏えい防止取り組み

            -平成32年「フロン冷媒:HCFC-22」等

                   の全面使用禁止

 

苗箱供給機「KAK-4N」の取り扱いを始めました。

苗箱供給機「KAK-4N」は弊社のSFシリーズ(SF-261E以上)と同時に使用することによって

人員不足解消の補助となる商品です。

簡単操作、作業効率のアップなど多くの優れた機能を備えています。

詳しい性能は商品紹介ページ等で御確認下さい。

続きを読む

ロールベール運搬アタッチメント「ロールキャッチャー」のモニター販売を始めました

「ロールキャッチャー」はロールベールを一人作業で圃場から回収できるクレーン用アタッチメントです。

動力を使わずキャッチ、リリースができます。詳しい性能はカタログよりご確認ください。

 

啓文社公式のyoutubeにてロールキャッチャーの使用動画を公開しております。

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

続きを読む

啓文社製作所の公式YouTubeはコチラ!!


YouTubeでは、この他にも啓文社製作所の

多彩な製品の動画も見られます。

ぜひとも、ご覧下さいませ!

弊社、旧製品をご使用中の皆様へ。

弊社製品に対する修理部品の供給は生産終了後9年となります。

 

それ以降につきましては、製品の修理部品の対応ができない場合がございますので、ご理解いただけます様お願い申し上げます。

 

なお、年以上たった製品につきましても、在庫や生産の状況により、ご対応できる場合もございます。

お気軽にご相談ください。